ヒトと動物の関係学会(HARs−Human & Animal Relaitons)

Top Page−トップページ

Google WWW検索 サイト内検索


Headlines

17/11/14
116回例会「動物観研究会公開ゼミナール2017」について案内
17/8/28
115回例会「精神疾患を持つ人における動物の役割」について案内
17/6/15
114回例会「災害時における動物保護を考える」について案内
17/6/6
次年度2018年のHARs第24回学術大会会場は、3月3日および4日で、会場は慶応大学日吉学舎に決定いたしました。
17/3/7
次年度2018年のHARs第24回学術大会会場は、慶応大学日吉学舎に決まりました。日程は3月3-4日か10-11日のどちらかで、決定次第アップいたします。
17/2/7
HARs第23回学術大会プログラムをアップしました。
17/1/23
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに「一般演題応募」の結果を発表しました。抄録修正期間の締切は2017/1/26 17:00です。
17/1/13
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに「一般演題応募」を締切とさせていただきました。ご応募ありがとうございした。
16/12/26
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに「一般演題応募」を開始しました。締切は2017/1/13 17:00厳守です
16/12/5
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに一般演題応募に関する概要をアップしました
16/11/27
活動報告:HARs集金ポジ有無・第112回例会『尾道市旧市街地に生きる動物とヒトとの共生を考える』
16/11/18
第113回例会「動物観研究会 公開ゼミナール2016」のお知らせをアップしました
16/10/24
秋季シンポジウム(広島)HARs112回月例会をアップしました
16/9/16
帝京科学大学 アニマルサイエンス学科(アニマルセラピーコース) 専任教員公募
16/8/29
第111回例会 IAHAIO 2016 パリ大会報告会の開催!!
16/8/29
活動報告:第110回例会『東アフリカ牧畜世界の共生論理〜ウシと会話する人びと〜』
16/6/ 9
第110回例会の開催!!ぜひお越しください!
16/3/7
第22回学術大会が盛況をもって終了いたしました。奨励賞、ベストポスター賞も発表されました。
16/2/15
第22回学術大会口頭発表に対する事前質問 「発表演題へのご質問・ご意見の事前受付」について
16/1/30
第22回学術大会プログラム進行表を発表しました
16/1/12
第22回学術大会学術発表審査における審査結果発表・ポスター発表演題の結果を発表します。一般演題の方も御覧ください。
16/1/12
第22回学術大会刻子発表・ポスター発表演題 受付終了しました
16/1/12
第22回学術大会刻子発表・ポスター発表演題 受付開始
16/1/12
第22回学術大会のお知らせ更新
16/1/12
第19回山階芳麿賞募集のお知らせ
15/11/06
第109回例会・動物観研究会公開ゼミナールのお知らせ更新
15/10/22
第22回学術大会のお知らせ
15/10/22
第22回学術大会演題のご応募(一般・学術発表審査)について
15/10/22
第109回月例会・動物観研究会のお知らせ
15/10/22
書籍案内更新
15/10/22
第108回月例会報告
15/8/ 3
第108回月例会のお知らせ
15/3/09
第21回学術大会報告
15/2/03
第21回学術大会のプログラムアップ
15/2/03
第21回学術大会のお知らせ
15/2/03
仙台市主催 動物愛護セミナー開催のお知らせ
15/1/24
学生院生のための学術発表審査会結果発表
15/1/24
第3代会長 太田光明先生最終講義のご案内
15/1/9
学術発表審査会・一般演題の募集が開始されました。締切は16日です。ご留意ください
15/1/5
ISAEよりお知らせ演題を募集しております!
14/12/19
第5回 国際野生動物管理学術会議よりお知らせー演題を募集しております!
14/12/8
書籍紹介を更新。
14/12/3
第21回学術大会一般演題・学術発表審査会の募集期間は2015.1.9-1/16(締切)です。
14/12/3
学術発表審査会のお知らせアップ
14/11/28
動物観研究会のプログラムが決定しました
14/11/27
関西シンポジウム・第106回月例会のお知らせをアップ
14/11/12
第105回月例会のお知らせを更新
14/10/09
第103回月例会の報告をアップしました
14/10/06
第105回月例会のお知らせをアップ
14/10/06
第104回月例会のお知らせをアップ
14/07/31
第103回月例会のお知らせをアップ
14/06/6
トップページに事務局より会費自動引き落としサービスの検討についてご連絡させていただきます。ご一読いただき、ご検討ください。
14/06/6
歴代の役員一覧をPDFファイルでアップしました。
14/06/06
現役員および評議員の一覧を変更いたしました。
14/06/05
学会関連書籍に6つの書籍を追加しました。
14/06/04
第102回月例会の予定をアップしました。
14/03/09
第20回学術大会大会長の言葉をアップしました。

Journal

学会誌現在の最新版表紙

学会誌現在の最新版−通刊41号

創刊号、通巻3,11,12,15, 16, 18〜最新号以外在庫切れとなっております


Member Mail


事務局便りメール最新版−34号(15/08/27)
※ご登録された会員で届いていない方はご連絡ください。


HARsヒトと動物の関係学会トップページ
 

カンファレンス等


2017年11月25日(土) 第115回例会 

テーマ 「精神疾患を持つ人における動物の役割」
時 間

2017年11月25日(土曜日)15:00-17:00

場 所

東京農業大学大 世田谷キャンパス(東京都世田谷区桜丘1-1-1)
1号館113教室

参加費 無料 事前申し込みなし(直接会場にお越しください)
内容 2016年3月の学術大会シンポジウム「補助犬からアシスタンス・ドッグへ」では、日本と欧米の補助犬とアシスタンス・ドッグの違い、アメリカでのアシスタンス・ドッグの変遷とそれらの犬の効果について報告させていただいた。欧米では精神疾患を持つ人のためのアシスタンス・ドッグが急増している。また、心の安定を図るためのエモーショナル・サポート・アニマルも住宅や飛行機への同伴が許可されており、その増加も目覚ましい。精神疾患を持つ人をサポートするために訓練を受けた犬はもちろんのこと、訓練を受けていない動物の存在自体に意義を見出し、アクセス権を法的に認めていることは世界的にも画期的なことである。
 そもそも精神疾患を持つ人にとって犬をはじめとする動物はどのような役割を果たしうるのか。欧米のようなアシスタンス・ドッグやエモーショナル・サポート・アニマルに限らず、コンパニオン・アニマルなどの動物の関わりが果たす役割について、精神医療の現場で「人と動物の関係」を長年見つめてきた横山章光先生を囲んで、治療現場の模擬体験をしながら動物の役割についてディスカッションしたいと考えている。ディスカッションを通しての気づき(感覚)は、治療現場に限らず様々な現場でも応用可能となるであろう。

  • コーディネーター 山本真理子(帝京科学大学アニマルサイエンス学科 助教)
  • 話題提供 横山章光先生(精神科医 あいわクリニック)他

ポスターダウンロード「GCの過去・現在・未来を考える」

2017年12月3日(日) 第116回例会 

テーマ 動物観研究会公開ゼミナール2017 特別企画 「動物好きに迫る」
時 間 2017年12月3日(日曜日)15:00-17:00
場 所 東京農工大学農学部・第一講義棟 2階24号教室
アクセス:JR中央線 国分寺駅南口より府中駅行バス晴見町下車 / 京王線府中駅より国分寺駅南口行バス晴見町
参加費 無料 事前申し込みなし(直接会場にお越しください)
内容
10:25-10:30 開会あいさつ 亀山章
10:30-11:00 「ドクターフィッシュ(Garrarufa)を用いた魚類の動物観に関する検討について」 吉田泰大、花園誠(帝京科学大学)
11:00-11:30  「江戸中後期における動物観光―奈良の鹿に関する道中記の記述からー」 平侑子(北海道大学大学院)、水谷知生(奈良県立大学)
11:30-12:00  「井の頭自然文化園での大学生向け教育プログラムと効果検討」 倉本宣(明治大学)、馬島洋(井之頭自然文化園)
12:00-13:00 昼食休憩
13:00-13:30  「霊長類に対するイメージとその変化」 赤見理恵(日本モンキーセンター)
13:30-14:00  「青春的兇手 佐藤泰志『移動動物園』を手がかりに」森
14:00-14:15 休憩
   
特別企画  「動物好きに迫る」
14:15-14:45 「現代ドイツにおける動物性愛者の動物観」 濱野千尋(京都大学大学院)
14:45-15:15  「感情のバランス−『動物好き』の心理学的な理解」 安藤敏孝(横浜国立大学)
15:15-15:45  「ストーキング・監禁としての『動物愛護』:愛着と錯覚された粘着」 ましこ・ひでのり(中京大学)
15:45-16:00  休憩
16:00-17:15   総合討論 座長:石田おさむ(千葉市動物公園)/コメンテーター:若生謙二(大阪芸術大学)
17:15 閉会

ポスターダウンロード「GCの過去・現在・未来を考える」

 

2018年の大会会場は、慶応大学日吉学舎に決まりました。
日程は3月3-4日に決定いたしました。

2018年3月3日(土)・4日(日) 第24回学術大会

テーマ 第24回学術大会
時 間

2018年3月3日(土曜日)3月4日(日曜日)

場 所 慶大日吉キャンパス来往舎 シンポジウムスペースおよび中会議室

 



インフォメーション


2018年の大会会場は、慶応大学日吉学舎に決まりました。
日程は3月3-4日に決定いたしました。


事務局より会費自動引き落としサービス検討について


 会費未納者が増えています。未納理由の多くが納付忘れであることから、常任理事会で納入方法について検討し、新しく会費の自動引き落としの検討を行うことにしました。

この方法は100名以上賛同する会員が集まった時にのみ可能となります。会員の皆様の利便性と会計業務の円滑化を考え、郵貯の総合口座をお持ちの会員におかれましては、是非@へのエントリーをお願いしたく、ご協力賜りますようお願い申し上げます。なお、今後も現状どおり以下のAとBでの納入も可能です。

 なお、会費を3年以上滞納された会員には、以降、会誌の送付を中止させていただきますので、繰り返しになり恐縮ですが納付忘れにはくれぐれもご注意ください。

自動引き落としにエントリーをしていただける会員の方はお手数ですが、添付文章をダウンロードしご記入の上、事務局にメールにて返送ください。電話でのご連絡でも構いません。
(hars-info@hars.gr.jp、080-3460-3133)

事務局長 花園誠

学会事務局移転のお知らせ

2016年4月より事務局を下記の通り移転いたしました。今後、各種登録、連絡等は新事務局で行いますので、 会員の皆様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。(事務局長 花園 誠)
※当学会の各種メールアドレスに変更はございません。
 

<ヒトと動物の関係学会 事務局のご案内>
帝京科学大学 千住キャンパス 本館1階 アニマルケアセンター内
〒120-0045
住所:東京都足立区千住桜木2丁目2番1号
TEL:080-3460-3133
E-mail:hars-info@hars.gr.jp

  • 三井住友銀行 都立大学駅前支店(店番号235)
    口座番号1739880 
    ヒトと動物の関係学会 会長 若生謙二

  • 郵便振替口座 記号番号 00180-5-485873
    名義:ヒトトドウブツノカンケイガッカイ
About Us | Privacy Policy | Contact Us | ©2008 Human Animal Relations (HARs)