ヒトと動物の関係学会(HARs−Human & Animal Relaitons)

Top Page−トップページ

Google WWW検索 サイト内検索


Headlines

19/12/05
2020年第16回学術発表審査会・第26回学術大会 一般演題募集について
19/12/04
第26回学術大会シンポジウムの更新
19/10/18
第125回例会 動物観研究会のプログラムの更新
19/10/18
第125回例会 動物観研究会のお知らせ
19/9/12
第1回動物園ランドスケープ会議について
19/7/25
会員のためのFacebookページ案内について
19/3/11
2020年度 第26回 学術大会は2020/3/14-15(慶應義塾大学日吉キャンパス)に決定いたしました
19/2/22
25th学術大会ポスターをアップしました
19/2/1
25th学術大会プログラム(タイムテーブル)が決定しました。口頭発表は10分(質疑5分)です。またポスターセッションは昨年度と異なります(2日目15:30~)
19/1/19
第15回学術発表審査会ならびに一般のご応募の結果をアップロードしました。応募者はご確認ください
19/1/7
第124回例会・HAB心研のお知らせ
18/12/25
第25回学術大会に係る第15回学術発表審査会ならびに一般演題応募のフォーム入力を開始しました
18/12/5
第25回学術大会に係る第15回学術発表審査会ならびに一般演題応募の要項をアップしました
18/12/5
第25回学術大会(2019/3/9,10)のページを更新しました
18/11/20
第122回例会「動物観研究会」プログラムを公開しました
18/11/12
第120回例会のプログラムをアップ、ポスターを公開しました
18/11/12
第121回例会のポスターを公開しました
18/11/12
The 14th International Conference on Environmental Enrichment - Iceekyotoのレジスタレーションに関するお知らせ
18/10/21
第25回学術大会は2019/3/9-10に決定しました。会場は昨年同様に慶應義塾大学日吉キャンパスとなります。
18/10/15
第122回例会 動物観研究会 テーマ等更新
18/8/30
第120回〜123回例会案内
18/4/26
第118回例会案内
18/3/23
関西シンポジウムについて
18/1/31
第24回学術大会のプログラムを公開しました
17/12/20
HAB心研38回研究会・第117回例会に関する要項をアップしました
17/12/04
第14回学術発表審査会・第24回学術大会 一般演題募集に関する要項をアップしました
17/12/01
第115回例会「精神疾患を持つ人における動物の役割」報告アップ
17/11/28
慶應義塾大学動物社会文化論勉強会主催の「国際学会で発表しよう!」案内
17/11/14
116回例会「動物観研究会公開ゼミナール2017」について案内
17/8/28
115回例会「精神疾患を持つ人における動物の役割」について案内
17/6/15
114回例会「災害時における動物保護を考える」について案内
17/6/6
次年度2018年のHARs第24回学術大会会場は、3月3日および4日で、会場は慶応大学日吉学舎に決定いたしました。
17/3/7
次年度2018年のHARs第24回学術大会会場は、慶応大学日吉学舎に決まりました。日程は3月3-4日か10-11日のどちらかで、決定次第アップいたします。
17/2/7
HARs第23回学術大会プログラムをアップしました。
17/1/23
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに「一般演題応募」の結果を発表しました。抄録修正期間の締切は2017/1/26 17:00です。
17/1/13
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに「一般演題応募」を締切とさせていただきました。ご応募ありがとうございした。
16/12/26
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに「一般演題応募」を開始しました。締切は2017/1/13 17:00厳守です
16/12/5
HARs第23回学術大会に係る「第13回学術発表審査会」ならびに一般演題応募に関する概要をアップしました
16/11/27
活動報告:HARs集金ポジ有無・第112回例会『尾道市旧市街地に生きる動物とヒトとの共生を考える』
16/11/18
第113回例会「動物観研究会 公開ゼミナール2016」のお知らせをアップしました
16/10/24
秋季シンポジウム(広島)HARs112回月例会をアップしました
16/9/16
帝京科学大学 アニマルサイエンス学科(アニマルセラピーコース) 専任教員公募
16/8/29
第111回例会 IAHAIO 2016 パリ大会報告会の開催!!
16/8/29
活動報告:第110回例会『東アフリカ牧畜世界の共生論理〜ウシと会話する人びと〜』
16/6/ 9
第110回例会の開催!!ぜひお越しください!
16/3/7
第22回学術大会が盛況をもって終了いたしました。奨励賞、ベストポスター賞も発表されました。
16/2/15
第22回学術大会口頭発表に対する事前質問 「発表演題へのご質問・ご意見の事前受付」について
16/1/30
第22回学術大会プログラム進行表を発表しました
16/1/12
第22回学術大会学術発表審査における審査結果発表・ポスター発表演題の結果を発表します。一般演題の方も御覧ください。
16/1/12
第22回学術大会刻子発表・ポスター発表演題 受付終了しました
16/1/12
第22回学術大会刻子発表・ポスター発表演題 受付開始
16/1/12
第22回学術大会のお知らせ更新
16/1/12
第19回山階芳麿賞募集のお知らせ
15/11/06
第109回例会・動物観研究会公開ゼミナールのお知らせ更新
15/10/22
第22回学術大会のお知らせ
15/10/22
第22回学術大会演題のご応募(一般・学術発表審査)について
15/10/22
第109回月例会・動物観研究会のお知らせ
15/10/22
書籍案内更新
15/10/22
第108回月例会報告
15/8/ 3
第108回月例会のお知らせ
15/3/09
第21回学術大会報告
15/2/03
第21回学術大会のプログラムアップ
15/2/03
第21回学術大会のお知らせ
15/2/03
仙台市主催 動物愛護セミナー開催のお知らせ
15/1/24
学生院生のための学術発表審査会結果発表
15/1/24
第3代会長 太田光明先生最終講義のご案内
15/1/9
学術発表審査会・一般演題の募集が開始されました。締切は16日です。ご留意ください
15/1/5
ISAEよりお知らせ演題を募集しております!
14/12/19
第5回 国際野生動物管理学術会議よりお知らせー演題を募集しております!
14/12/8
書籍紹介を更新。
14/12/3
第21回学術大会一般演題・学術発表審査会の募集期間は2015.1.9-1/16(締切)です。
14/12/3
学術発表審査会のお知らせアップ
14/11/28
動物観研究会のプログラムが決定しました
14/11/27
関西シンポジウム・第106回月例会のお知らせをアップ
14/11/12
第105回月例会のお知らせを更新
14/10/09
第103回月例会の報告をアップしました
14/10/06
第105回月例会のお知らせをアップ
14/10/06
第104回月例会のお知らせをアップ
14/07/31
第103回月例会のお知らせをアップ
14/06/6
トップページに事務局より会費自動引き落としサービスの検討についてご連絡させていただきます。ご一読いただき、ご検討ください。
14/06/6
歴代の役員一覧をPDFファイルでアップしました。
14/06/06
現役員および評議員の一覧を変更いたしました。
14/06/05
学会関連書籍に6つの書籍を追加しました。
14/06/04
第102回月例会の予定をアップしました。
14/03/09
第20回学術大会大会長の言葉をアップしました。

Journal

学会誌現在の最新版表紙

学会誌現在の最新版−通刊41号

創刊号、通巻3,11,12,15, 16, 18〜最新号以外在庫切れとなっております


Member Mail


事務局便りメール最新版−34号(15/08/27)
※ご登録された会員で届いていない方はご連絡ください。


賛助会員 <順不同>


日本ビスカ株式会社

マースジャパンリミテッド

学校法人ヤマザキ学園

日本ヒルズ・コルゲート株式会社

株式会社エトレ


HARsヒトと動物の関係学会トップページ
 

カンファレンス等


 

2020年3月14・15日 学術大会シンポジウム予告  

HARs第26回学術大会 シンポジウム予定
3/14『アニマル・スタディーズとはなにか?役に立つの?』
3/15『動物芸術の世界』
※現在予定されている内容です
※3/15のシンポジウムのみの参加の場合、一般の聴講は無料です
時 間 2020年3月14,15日午後
場 所 慶應義塾大学定 日吉キャンパス
参加費 大会参加費に準じます
内容 大会1日目 3/14
<アニマルスタディーズとはなにか?役に立つの?:コーディネート 光田達矢(慶應義塾大学)>
アニマル・スタディーズという人文科学を中心とした学際領域が、西洋で普及しつつあります。しかし、アニマル・スタディーズは、日本で行われているヒトと動物の関係学とどのように違うのでしょうか?これまでどのように発展し、どのような理論に基づき、どのような研究がなされているのでしょうか?本シンポジウムでは、アニマル・スタディーズの歴史・理論・研究をわかりやすく紹介し、日本への応用を議論します。
パネリスト
  • 光田達矢(慶応義塾大学)「アニマル・スタディーズの歴史」
  • 猪口智一(東京大学)「アニマル・スタディーズの思想と理論」
  • 江口真規(筑波大学)「文学研究における応用」
  • 梶原はづき(立教大学)「社会学研究における応用」
  • 総合討論 進行 光田達矢


    大会2日目 3/15
    (※本シンポジウムのみの参加の場合、一般の聴講は無料です)
    <動物芸術の世界:コーディネート 若生謙二(大阪芸術大学)>
    パネリスト
    ・小田 隆(動物画家、大阪芸術大学)
    ・大内田美沙紀(サイエンスイラストレーター,京都大学iPS細胞研究所)
    ・前川貴行(動物写真家)
    ・本田絵美子(動物彫刻家)
    ・森山 緑(慶応大学アート・センター)。
       

    2020年第16回学術発表審査会・第26回学術大会 一般演題募集

    学術発表審査会ならびに一般演題については下記のページを必ず熟読の上、同ページ内の応募様式に従って応募フォームからエントリーしてください(応募フォームは2019/12/25に開始します)。
    フォームから送信できない場合、メール(hars-info@hars.gr.jp)にフォームと同様の内容を記載の上、抄録の添付ファイルとともにご応募下さい。
    → 第16回学術発表審査会・演題応募概要

    演題の応募
    抄録原稿の提出は2020年1月10日17:00に完全締切とさせていただきます。

     

    2020年 関西シンポジウム「狩猟採集の現代」

    テーマ 「狩猟採集の現代」
    日時: 2020年2月1日(土)13:30-17:00
    場所: 国立民族学博物館二階第6セミナー室
    狩猟採集生活は遠い過去の話でしょうか。今日でもこうした暮らしは、アフリカの灌木林やアマゾンの降雨林などでみられます。実は現代のわが国にもこのような生活で生きている人々がいます。本シンポジウムでは、森と海で暮らす現代の狩猟採集生活に焦点をあてて、野生動物に向きあう人間の暮しについて、現代社会での可能性について考えます。
    趣旨説明 若生謙二(大阪芸術大学)

    パネリスト
    • 池谷和信(国立民族学博物館)「世界の狩猟採集民と動物」
    • 安田佳弘(狩猟採集生活者)「現代の狩猟採集生活」
    • 金丸雄一(海士)「海士生活について」
    コメント
    • 相馬拓也(早稲田大学)(予定)
    • 伊谷原一(京都大学野生動物研究センター)

    総合討論
    共催:国立民族学博物館北東アジア地域研究拠点



    インフォメーション


    2019年7月25日  

    告知

    Facebook「ヒトと動物の関係学会」会員限定の交流ページについて

    内容

    この度、ヒトと動物の関係学会会員限定のFacebookページを開設いたしました。このページは、2019年3月10日第25回学術大会にて行われました若手意見交換会における提案・議論に基づいたもので、学会会員の情報交換を目的としております。本学会の活動を、今までよりも効果的かつ迅速に会員間で公開・共有するためのツールとして活用してまいる所存です。
    会員の皆様のアイディアもいただきながら、本学会独自の活用法も模索し、より良いページにしてまいりたいと存じますのでご愛顧のほど宜しくお願い致します。
    ヒトと動物の関係学会 学術委員会 委員長 内山秀彦

    <本ページの目的>
     本ページは、「ヒトと動物の関係学会」会員限定のページ(非公開グループ)とし、ホームページと共に例会等の学会活動の情報公開、ならびに会員間の情報共有を図ることを目的とします。
     本ページへの投稿(「スレッド」作成・「コメント」投稿等)は、参加会員及び管理者によって、自由に行うことができます。ただし、『投稿規定』に違反していたり、本学会会員にとって不利益が生じると判断されるような投稿は、本ページ管理者等の判断により削除されることがあります。予めご了承ください。

    ポスターダウンロード「GCの過去・現在・未来を考える」


    事務局より会費自動引き落としサービス検討について


     会費未納者が増えています。未納理由の多くが納付忘れであることから、常任理事会で納入方法について検討し、新しく会費の自動引き落としの検討を行うことにしました。

    この方法は100名以上賛同する会員が集まった時にのみ可能となります。会員の皆様の利便性と会計業務の円滑化を考え、郵貯の総合口座をお持ちの会員におかれましては、是非@へのエントリーをお願いしたく、ご協力賜りますようお願い申し上げます。なお、今後も現状どおり以下のAとBでの納入も可能です。

     なお、会費を3年以上滞納された会員には、以降、会誌の送付を中止させていただきますので、繰り返しになり恐縮ですが納付忘れにはくれぐれもご注意ください。

    自動引き落としにエントリーをしていただける会員の方はお手数ですが、添付文章をダウンロードしご記入の上、事務局にメールにて返送ください。電話でのご連絡でも構いません。
    (hars-info@hars.gr.jp、080-3460-3133)

    事務局長 花園誠

    学会事務局移転のお知らせ

    2016年4月より事務局を下記の通り移転いたしました。今後、各種登録、連絡等は新事務局で行いますので、 会員の皆様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解の程よろしくお願いいたします。(事務局長 花園 誠)
    ※当学会の各種メールアドレスに変更はございません。
     

    <ヒトと動物の関係学会 事務局のご案内>
    帝京科学大学 千住キャンパス 本館1階 アニマルケアセンター内
    〒120-0045
    住所:東京都足立区千住桜木2丁目2番1号
    TEL:080-3460-3133
    E-mail:hars-info@hars.gr.jp

    • 三井住友銀行 都立大学駅前支店(店番号235)
      口座番号1739880 
      ヒトと動物の関係学会 会長 若生謙二

    • 郵便振替口座 記号番号 00180-5-485873
      名義:ヒトトドウブツノカンケイガッカイ
    About Us | Privacy Policy | Contact Us | ©2008 Human Animal Relations (HARs)