3.22 一般口演 A

<ヒトと動物の関係>の類型化の試み
― 『ヒトと動物の関係学会誌』記事・つくば市立中央図書館蔵書を対象とした類型化の手順と有効性 ―

武者小路 澄子
(
筑波大学 図書館情報学系 情報メディア社会分野・茨城県)


1.<ヒトと動物の関係>の類型化の意味と目的
 ヒトと動物の“関係”“絆”“つながり”について、「ヒトと動物の関係学会」を初めとする諸研究領域でも、人々の日常の場面でも、多様なことが語られるようになった。しかし、第9回学術大会シンポジウムでも指摘されたように、“関係”等の用語が何を指示しているのか、どのような意味合いを持って使われているのかは明確でないことが多い。また、これらの用語が日常的かつ頻繁に使用されるにつれて、用語の意味する範囲について、全体的な視野に立って概観する必要があると考えた。さらに、ヒトと動物との間で生ずる特定の関係を語る場合に、その背後にある様々な考え方や立場を理解することも、今後有効であると考えた。
 そこで、<ヒトと動物の関係>といった場合、具体的にどのような関係が意味されているのかを明確にするために、その類型化を試みた。ヒトと動物の関係がどのようなものであるか、また、人間社会がどのような歴史を経て現在のように動物と関係するに至ったのかについては、『ヒトと動物の関係学会誌』を初め数多くの研究が存在し1)、また、現代社会における<関係>の複雑さや矛盾も指摘されている2)。その複雑さや矛盾は、関係の複雑さに加え、動物に対する人々の見解や価値観、動物との関わりをどう捉えるかに関わる世界観や生命観によって生じている。
こうしたことを反映させるために、“関係”について語っている様々なテクスト(text)を広範に収集し、そこで語られている関係を整理していくことが必要である。すでにマスメディアを対象に、いつ、どのような動物の記事が掲載されているかなどについての調査があるが3)、ここでは、現実にどのような関係が語られているのか、またその背景として人間が動物に対してどのような立場に立っているのかを、明らかにしたい。そのために、テクストの個々の語り(discourse)に着目して、その質的な分析を可能にし、<関係>に潜む複雑さや矛盾に柔軟に対応できる類型化の方法を考えた。

2.研究方法
 “関係”を抽出するソースとして、@『ヒトと動物の関係学会誌』(創刊〜通巻12号)より全ての原著論文、論説、(症例)報告、特集(論文・講演記事)(122件)、Aつくば市立中央図書館の蔵書より「動物」という件名で検索した100件の図書、を対象とした。各々の現物のテクストを詳細に吟味して、ヒトと動物との間でどのような関係付けがなされているかを分析し、2〜3の主題を抽出した。そして、出典、書誌事項と共に、この主題を一覧できるデータベースを作成した。
 このデータベースに基づいて、エスノグラフィーで用いるコーディング(i.e., 共通項やテーマの抽出)を行った。各々のデータベースで抽出したテーマや考え方・立場を相互比較し、個々の文脈と切り離さないように整理し、体系化した。

3.結果および考察
 <関係>として[飼育者・ペット(またはアニマル・コンパニオン)][保護者・被保護者(動物保護)][観察者・被観察者]等、<関係に対するアプローチ>として、[人間側への指導][介入(活動)][介入(法・政策)]等、<関係をつくる上での立場>として[動物に愛情を注ぐ対象とする立場][動物を利用材とみる立場][人間中心主義][動物を生命を持つ“相手”とみる立場]等を、多層的に体系化した。さらに、『ヒトと動物の関係学会誌』とつくば市立中央図書館の蔵書とを比較し、各々が扱う<関係>の範囲や特徴を描くことが可能になった。
 ここで試みた<ヒトと動物の関係>の類型化は、ヒトと動物の“関係”について体系的・複合的に、また、より詳細かつ正確に理解する一助になると考えられる。今回提示するものは、もちろん全ての関係性や立場を含んでいるわけではなく、さらにデータベース化する対象範囲を拡大し、コーディング方法を洗練する必要があろう。しかし、類型化の方法自体は、そうした修正に柔軟に対応できる方法であると考える。
今後は、新聞記事データベースなどを用い、時事問題において語られる<ヒトと動物の関係>について分析し、類型をより一般化していくことを試みたい。また、作成したデータベース自体の有効利用についても検討したい。

1. 例えばRobinson, I. ed. 人と動物の関係学. メディカルサイエンス, 1997.
2. Franklin, Adrian. Animals & Modern Cultures: A Sociology of Human-Animal Relations in Modernity. Sage, 1999.
3. 村松睦ほか. マスメディアにみる人間と動物のかかわりあい: 1.全国紙を対象とした調査とその概要. ヒトと動物の関係学会誌, Vol.3, NO.2, 1999. p.80-84.


 

2004 HARs 学術大会
演題一覧  •  本発表の詳細
前演者の抄録  •  次演者の抄録