ヒトと動物の関係学会(HARs)

会員登録内容変更 | トップページへ戻る
HARs活動 | HARs関連機関の活動 |
過去の大会報告 | 事前登録 | 演題募集 |
学会誌一覧 | 学会誌購入 | 投稿 | 投稿規定 |

学術発表審査会

small logo
     

 

   
第9回学生院生学術発表審査会結果
 2013年1月26日(京都女子大学)および2013年1月27日(学術委員会)においてヒトと動物の関係学会9回目の学生院生学術発表審査会が抄録審査により行われた。審査員は学術委員および編集委員などで構成され、以下の13演題が3月の大会での口頭発表権を獲得した。 奨励賞は、大会における本発表での傾聴審査を通じて口頭発表権獲得者のなかから選出され、大会最終日(3月10日)に授与式が行われる。
 
 
◆大会発表権獲得◆(順不同)

1.

乗馬療法による広汎性発達障害児の行動変化
藤井 梓(大阪教育大学)

2.

西部タンザニア、ウガラ地域における人間活動と生息哺乳類の関係
飯田恵理子(京都大学野生動物研究センター)

3.

動物園における来園者の動物への注視時間
大崎康平(帝京科学大学)

4.

ヒトの居住範囲を越えるトナカイ
大石侑香(首都大学東京大学院)

5.

大学生における自己愛的脆弱性傾向とペットへの愛着・第二報
任 真弓加(帝京科学大学)

6.

野生鳥獣‐特にシカの農業被害と対策に関する研究
鈴木達朗(日本大学大学院)

7.

動物園・水族館における入館者数の考察
渡辺大起(帝京科学大学)

8.

幼稚園に対する犬の訪問活動を通した動物介在教育に関する研究 W
―愛護センター譲渡犬を対象とした介在犬育成のための訓練課程の検証―
折口元気(広島アニマルケア専門学校)

9.

広島県尾道市旧市街地におけるルートセンサス法を用いたネコの個体識別調査
妹尾あいら(広島大学大学院)

10.

現在の動物園における「レクリエーション」とは
平 侑子(北海道大学大学院)

11.

犬の行動を見た人の気分変化
久保慧理香(帝京科学大学)

12.

高齢者に対する5ヶ月間の乗馬を用いたAAAの効果
金田宏佳(麻布大学)

13.

馬に配慮した介在教育プログラムの開発
―幼児に対する馬介在教育プログラムの短期的効果の検証−
岩本 彩(広島大学大学院)


※学術発表審査会に発表者の皆様へのおしらせ
(今後の動きについて―発表者は必ずお読みいただき、大会発表の手続きをしてください)

大会発表権を獲得された発表者の皆さんは学術大会当日(東大にて)での口頭発表をお願いします。審査会での発表を経て、本大会でのアブストラクトを修正・変更したい場合は、1月31日(木)午後5時までに、今回と同様にパソコン上でHPから投稿し直してください(再投稿)。今回のものと差し替えます。再投稿されなかったものは、自動的に本大会のアブストラクトにそのまま反映されます。

辞退される場合は結果発表から1月31日午後5時までに、事務局にメールでご連絡ください。連絡がない場合は「今回のアブストラクトのまま」プログラムに取り込みます。

発表者の皆さんには、審査員からの「さらに望まれること」をメールいたします。本番の発表に反映させることを望みます。

奨励賞は今回の抄録審査に加え、学術大会における各人の口頭発表を審査員が追加審査し総合的な判断の上で決定します。本年度の奨励賞の決定と発表は大会最終日(3月10日)となり、同日授与式が行われますので口頭発表権獲得者は必ず、授賞式に参加して下さい(都合上、どうしても無理な場合は事務局まで事前に連絡をして下さい)。
また、口頭発表権獲得者は懇親会に招待いたします。是非参加いただき、様々な方との懇談を通じて今後の研究活動の参考にしてください。


 


2013年度「第9回 学生、大学院生のための学術発表審査会」概要
 2013年度の第9回学術発表審査会は、昨年度(第8回)までの口頭あるいはビデオ等による発表会形式での審査は行わず、抄録の提出と査読による審査とします。審査員は学術委員会ならびに編集委員等から選出で構成されます。
 抄録提出締め切り後、査読による審査を行い、発表権利獲得者を決定いたします。審査結果は1月28日(月)以降、速やかにホームページに掲載するとともに応募者にメールでお伝えします。
 口頭発表の権利を獲得しなかった者はポスターへの応募は可能ですが、発表の辞退ならびにポスター発表変更の応募締切りは1月31日(木)17:00とします。また、結果を受けて抄録の微修正が必要な場合についても、最終提出締め切りは1月31日(木)17:00とします。
 
◆スケジュール
 抄録の受付開始 :2013年1月15日(火)から
 抄録提出締切 :2013年1月24日(木)17:00(厳守)
 審査会開催日 :2013年1月26日(土)、27日(日)
 審査会結果配信 :2013年1月28日(月)
 審査終了後
 結果を受けた抄録の修正およびポスターへの変更手続きの締切
:2013年1月31日(木)17:00(厳守)

※最終提出締め切りまでの期間が短く、申し訳ございません。エントリーされる学生、大学院生の指導教員の方々におかれましては提出にあたりご指導いただきますよう、くれぐれもよろしくお願い申し上げます。
※学生院生学術発表審査会および学術大会での発表を経た上で、「奨励賞」(1名)が選出され、学術大会で表彰されます。よって、発表者は奨励賞およびベストポスター賞授賞式(大会終了宣言前を予定)に必ず出席してください。
 
抄録の作成および提出方法についての諸注意
「第9回 学生、大学院生のための学術発表審査会」へ演題応募される方は、次の諸注意をよくお読みください。
(@) 抄録には必ず以下の必要事項を入れてください。
1. タイトル(日本語および英語)
2. 発表者氏名(日本語および英語)
3. 所属(日本語および英語)
(A) 抄録は1,600〜1,800文字程度(一行字数26字、35行、2段)でお願いします。
(B) 抄録提出の受付開始は、2013年1月15日(火)です。
本ページ内の演題応募フォームからエントリーしてください。
(C) 抄録提出の締切は、2013年1月24日(木)17:00(厳守)です。
(D) 発表の予稿集は、ヒトと動物の関係学会誌として刊行されます。
(E) 口頭発表の募集が多数の場合は、大会日程の関係でポスター発表に変更していただく場合もございます。選考については、事務局に一任させていただきますので、どうぞご了承ください。尚、発表形式等の詳細につきましては、事務局までお問い合わせください。
問合せ先
ヒトと動物の関係学会事務局
〒537-0025 大阪市東成区中道3-8-15 大阪ペピイ動物看護専門学校事務局内
TEL&FAX:06-6971-1120 /  E-mail:hars-info@hars.gr.jp

 

 

     
About Us | Privacy Policy | Contact Us | ©2008 Human Animal Relations (HARs)