ヒトと動物の関係学会(HARs)

会員登録内容変更 | トップページへ戻る
HARs活動 | HARs関連機関の活動 |
過去の大会報告 | 事前登録 | 演題募集 |
学会誌一覧 | 学会誌購入 | 投稿 | 投稿規定 |

学会誌内容

small logo
   

 

2011, August, Vol.29
29号の表紙「クマと向き合う現場から」
・ツキノワグマに荒らされたトウモロコシ畑(岩手県遠野市)
写真提供:三浦慎悟(早稲田大学人間科学部)
・ツキノワグマ ・くくり罠にかかったツキノワグマ ・放獣後、逃走するツキノワグマ
写真提供:濱崎伸一郎((株)野生動物保護管理事務所)

CONTENTS/目次

巻頭言
「人文・社会科学としてのヒトと動物の関係学
[瀬戸口 明久]

特集1
関西シンポジウム2011/クマと向き合う現場から
  ●クマと人との関係、現在と過去 
[三浦 慎悟]
  ●クマの出没状況と放獣の実際
[濱崎 伸一郎]
  ●山村から見た有害鳥獣対策のあり方とは
[鹿取 悦子]
  ●京都府におけるツキノワグマの保護管理と被害対策の現状
[芝原 淳、廣末 絹男]
  ●総合自由討論
[座長:伊谷 原一]

研究論文
個体識別法による市街地3地区におけるイエネコ (Felis catus )の生息個体数推定−
[山根 明弘、華山 さゆり、中村 智子、砂原 はるみ、中川 一政、清水 洋子、野口 明子、小野 勇一]


月例会だより
May 2011 / July 2011

書評
日本のシシ垣 イノシシ・シカの被害から田畑を守ってきた文化遺産
高橋 春成/編 古今書院(2010年12月)
[近藤 誠司]
日本のクマ ヒグマとツキノワグマの生物学
坪田 敏男・山崎 晃司/編著 古今書院(2011年2月)
[近藤 誠司]

ヒトと動物の関係学会について
役員一覧

インフォメーション

 
     
About Us | Privacy Policy | Contact Us | ©2008 Human Animal Relations (HARs)