ヒトと動物の関係学会(HARs)

会員登録内容変更 | トップページへ戻る
HARs活動 | HARs関連機関の活動 |
過去の大会報告 | 事前登録 | 演題募集 |
学会誌一覧 | 学会誌購入 | 投稿 | 投稿規定 |

今後のHARs活動

small logo

Hars(関連団体含)活動予定

2018年11月23日(金)  

テーマ

第120回例会・秋季シンポジウム
『島根あさひ会社復帰促進センターにおける盲導犬パピー育成プログラム』

時 間 2018年11月23日(金曜日)13:00-16:00(予定)
場 所 広島アニマルケア専門学校(〒730-0041 広島県広島市中区小町8-33)
参加費 参加費無料
内容 講師(シンポジスト):あさひ盲導犬訓練センター職員、広島アニマルケア専門学校教職員他

島根あさひ会社復帰促進センターとは、官民で協働して運営する刑務所である。日本盲導犬協会の協力を得て実施している盲導犬パピー育成プログラムは、受刑者が盲導犬の候補犬となる子犬(パピー)を生後60日から1歳になるまでの約10か月間育てるものである。本プログラムを通じて、受刑者に生命を慈しむ心をかん養させ、社会に貢献できる喜びを体験させることを目的としている。また、広島アニマルケア専門学校では、毎年授業の一環として、学生の見学実習をあさひ盲導犬訓練センターで行っている。シンポジウムでは、島根あさひ会社復帰促進センター開所から約10年を迎え、「盲導犬パピー育成プログラム」のこれまでの取り組みや今後の課題、盲導犬パピー育成プログラムからユーザー引き渡しまでの過程について紹介するとともに、犬の訓練のデモンストレーションも行う予定である。
お問い合わせ 広島大学谷田研究室(Tel: 082-424-7974; E-mail: htanidaアットhiroshima-u.ac.jp)


2018年12月1日(土)  

テーマ

第121回例会
『オーストラリアの動物看護師による動物介在活動の現状について』

時 間 2018年12月1日(土曜日)13:00-15:00(予定)
場 所 倉敷芸術科学大学(〒712-8505 岡山県倉敷市連島町西之浦2640番地)
参加費 参加費無料
内容 講師:Mik O’Leary (Mik)氏(オーストラリアの獣医師)他

講師の専門分野は、小動物の整形外科と画像診断であるが、現在は国からAssessorの資格を付与され、Animal Industries Resource Centre (AIRC: http://provetlearning.com.au/en-au/home.aspx)において動物看護教育に力を入れ、国内外(香港、シンガポール等)の動物看護師の資格認定に携わっている。また近年は、今回の講演テーマである「動物看護師による動物介在活動」についても積極的に関わっておられるので、オーストラリアにおける現状について講演をしていただく予定である。
お問い合わせ 広島大学谷田研究室(Tel: 082-424-7974; E-mail: htanidaアットhiroshima-u.ac.jp)


2018年12月2日(日)  

テーマ

HARs第122回例会
『動物観研究会 日本人と動物福祉』

時 間 2018年12月2日(日曜日)10:00-17:00(予定)
場 所 東京農工大学(府中キャンパス) 第一講義棟25番教室(2階)
参加費 参加費無料
内容 基調報告(14:30より講演、16:15より総合討論(予定))

佐藤衆介(帝京科学大学)「世界の畜産動物福祉改善の流れと日本人の受け止め方」
伊藤剛史(東京外国語大学)「動物福祉の時代背景/英国ビクトリア朝と現代日本」
石田おさむ(千葉市動物公園)「日本人における動物の位置と福祉」

一般発表
 一般発表についても募集しております。発表希望者は10月末日までに下記宛に、氏
名、所属、演題を
 お送りください。先着順を原則としており、発表を受け付けた方には発表要旨の
ファイルをお送りします。
お問い合わせ 若生謙二:wakoアットosaka-geidai.ac.jp


2018年12月10日(月)  

テーマ

第123回例会
『オーストラリアの動物看護師国家資格の現状と課題並びに我が国の国家資格制度への取り組み』

時 間 2018年12月10日(月曜日)14:00-15:30(予定)
場 所 ヤマザキ動物看護大学(〒192-0364 東京都八王子市南大沢4-7-2)2号館3階セントヨハネホール
参加費 参加費無料
内容 講師:
Mik O’Leary (Mik)氏(オーストラリアの獣医師)
山崎 薫 氏(学校法人ヤマザキ 学園・理事長、ヤマザキ動物看護大学・学長)

Mik先生は、オーストラリアの動物看護師資格を国家資格化に貢献した他、オーストラリア国内外(香港、シンガポール等)の動物看護師の資格認定にも携わっている中心人物でもあることにより、「オーストラリアの動物看護師国家資格の現状と課題について」、また山崎 薫先生は、我が国において国家資格制度に今取り組んでいる中心人物であることより、「我が国の国家資格制度への取り組みについて」講演していただく。

Mik先生のご講演には通訳がつきますので、ご興味のある方は奮ってご参加下さい。
お問い合わせ 学校法人ヤマザキ学園 理事長室 広報課 長渕由香子
(Tel: 03-3468-1100; E-mail: y_nagabuchiアットyamazaki.ac.jp)
共催:ヤマザキ動物看護大学

 

About Us | Privacy Policy | Contact Us | ©2008 Human Animal Relations (HARs)